コールオブデューティのダウンロードが遅いので改善してみた

高校生になる息子と一緒に、コールオブデューティにハマっている40代の会社員です。小学生の頃はよく遊んでくれた息子ですが、すっかりパパとは遊んでくれなくなっていました。しかし、このゲームを始めたことで、また一緒に遊ぶ機会ができて、内心ほくそえんでいました。

ただ、最初のうちは問題なかったのですが、徐々にプレイ時の速度が気になってきました。アクションがあるゲームなので、反応速度などはかなり重要です。特に、ダウンロードに要する時間は異常に遅いので、なんとかしたいと考えていました。

自宅は戸建てで、インターネット環境は無線LANです。リビングに無線LANルーターがあり、そこに接続する形式です。利用している端末は、私はPCで、息子はPS4です。それぞれ2Fの自室でプレイしている。そんな環境です。

光回線は、引っ越した時に契約したフレッツ光の回線でしたが、遅い原因を色々調べていると、IPv4回線であることが分かりました。これが原因で、息子と私が同時接続すると遅くなっていたようです。また、無線LANルーターの位置も悪かったようです。この無線LANルーターはバッファロー製の上位モデルなので性能は悪くなかったのですが、リビングのテレビ台の奥深くにしまっていました。

最終的に対応したのは2点です。まずは、光回線の契約をIPv6対応しているプロバイダーに変更しました。今まで気にしていませんでしたが、回線速度が向上する上に月額費用が安くなりました。これは、もっと早く替えておけばよかったです。

次に対応したのが、無線LANの設置場所です。無線LANの電波というのは、意外に原始的みたいで、まずはテレビ台の棚から出してオープンエアな状態にしてあげました。次に、テレビからの距離を少し離したうえで、少し高い位置に設置しなおしました。これだけでも、回線接続の安定性が向上するとのことでした。

実際に、この二つを改善することで、ストレスが多かったコールオブデューティのプレイ環境が劇的に改善しました。また、ダウンロードや大型アップデートの際にも、それなりに時間はかかりますが、以前とくらべれば大幅に改善しました。これは比較的すぐに対応できるので、回線速度で悩む方には是非試してみてほしい方法の一つです。

私としては、息子との唯一とも言ってよい共通の趣味ですから、投資を惜しむつもりはありません。時間がかかるので少し保留にしていましたが、さらに改善速度を向上させるべく、今度はNURO光に申し込もうと画策しています。

けんじ
IPv6に変えたら速くなるっていろんなプロバイダーが宣伝してますよね?
ぐっち
そうですね…、業者はこの接続方式をよく勧めてきますが…
けんじ
どうしたんですか?何か言いたげな雰囲気ですが???笑
ぐっち
実は、僕もIPv6に変えたら速くなると聞いてやってみましたが、、、結果ほとんど効果はありませんでした。。。笑
けんじ
え〜〜〜???効果がないんですか???
ぐっち
効果がない!とは言い切れませんが、速度測定しても、たった数Mbps程度しか変化がなかったんです。
最近良く、プロバイダーがIPv6に変えたら速度が速くなりますよ?という宣伝文句を聞いた方も多いと思います。IPv6って、簡単に言えば、各端末ごとに割り振ってるIPアドレスが枯渇してるので、桁数を上げて割り振れる端末数を大幅に増やす方式に変えようというのが主な役割です。ですので、割り振ったIPアドレスが増えるだけで、これは速度とは実は何も関係ありません。
速度と関係あるのは、PPPoEとIPoEの接続方式です。前者は、プロバイダーの門をくぐる時にIPとパスワードで認証が必要ですが、後者は認証自体が不要になるので、処理が速くなるという原理なのです。例えるなら、高速の入口で一旦車を停止して、切符を手に取ってから合流するのか、ETCがあるので、走ったままETCカードが自動で認識される仕組みで合流するのかの違いに似てます。
原理を聞けば、なんとなく速くなりそう!と誰もが思うでしょう。しかし、実際に違いを速度測定してみれば、大した変化がないことが分かります。僕もどちらも実際に試しましたが、ダウンロード速度で数Mbpsしか変わらなかったので、プロバイダーに「全然速くなりませんけど?」と問い合わせたぐらいです。
最終的なプロバイダー側の回答としては、「混雑してるとどうしても遅くなりがちですので、これはどうしようもありません。」でした。IPv6(IPoE)に変えたら速くなるという原理は、実際にやってみると、ほとんど効果がない事実を知って意味がない…と愕然としましたよ。
上記の方のように、「回線速度が向上」と言ってるので、体感上速くはなったとは思いますが、速度測定の数値を見ていないので、どれほどの効果があったかは実はあまり分からないです。僕の予想では、IPv6で速くなったのではなく、プロバイダーを変えたので多少(数10〜20Mbps程度)速くなったのだと推測しています。
もちろん、無線ルーターの位置は重要なので、よく見える場所で、ある程度の高さに置くことで通信状態は良くなります。よく、ルーターをボックスの中に入れたりしている人がいますが、閉ざされた空間に入れると壁などの障害物が電波を邪魔するので、確実に通信状態は悪くなります。
通信の速い、遅いは体感だとどうしても程度がわからないので、インターネット速度測定して数値で速さを知っておくことをおすすめします。実は、プロバイダーを変えるよりも、IPv6に変えるよりも、無線ルーターを変えるよりも、確実に速度を速くする方法があります。それも、数十Mbps程度の向上ではなく、運が良ければ100倍になる人もいるぐらいの効果があります。(私も実際に100倍以上の速度アップを実現しました)
それが、この方も言ってるように、光回線自体を変える(しかも、混雑しにくい光回線に)のが一番効果があるのです。おっしゃるようにフレッツ光からNURO光に乗り換えたら、速度の違いにびっくりすると思います。どのぐらいの効果があったのかが気になる人はNURO光の記事を参考に読んでみてください。実測値のありのままを公開していますので。
あとは、PCとPS4とつなぐのでしたら、無線LANではなく、有線LANで繋いだほうが確実に速度が安定します。ゲームをするなら絶対的に有線LANが有利ですので、有線LAN接続の検討してみてくださいね。